リースのメリット、デメリット

初期投資が抑えられ更新が計画的になる

個人で利用するパソコンは、多くは購入によって取得するでしょう。法人で利用するパソコンも購入の所が多いかもしれません。ただ、一度に大量のパソコンを入れ替えたりするとき、購入となるとかなりのコストがかかります。その分支払いも必要になるので、会社にとっては大きな負担になります。この時に利用するといいのがリースです。利用期間に毎月一定額ずつ支払いをしていくので、初期投資は購入に比べると大きく減らせます。又、パソコンは古い機種を使い続けると仕事の効率が悪くなります。リースはリース期間が終わると使えなくなりますから、自然に次の新しい機械への更新をしなければいけません。効率を下げずに業務の遂行ができる環境を整えられます。

トータルコストが高くなり使えても返却が必要

法人でパソコンを導入するとき、購入、レンタル、リースの選択があります。レンタルは一時利用のサービスなので、日常的に使うパソコンは購入かリースでの利用になります。リースは導入時のコストは抑えられますが、その分毎月の支払いが必要です。借入と同じ考えになるので金利が発生し、トータルでの支払いは購入よりも多くなります。パソコンは機械によって寿命が異なり、すぐに故障するものもあれば長く使えるものもあります。減価償却期間を過ぎても使えれば、新たな購入費用が不要になりお得といえるでしょう。リースはリース会社の資産なのでリース期間が終了するとリース会社に返却が必要です。まだまだ使えそうでも使えなくなる可能性があります。